ジャーマン・スピッツの鈴木勲

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類
楠でアーロン

最近話題の「出会いカフェ」というのをご存知でしょうか。 来店した男性なり女性なりが店の中で知り合うと …

未分類
会って交際を始めてからも仲良し

出会い系といえば、出会いやすさや気軽さから出会い系アプリが一般的になってきました。 中でも利用者が増 …

未分類
自ら行動しなければ出会いの機会が

休みが平日でみんなと合わなかったり、同性ばかりの職種だったりで、どうしたら出会いがあるのかと悩んでい …